仕事帰りの数時間程度の調査なら6〜8万程度で済む場合も

それまでほとんど残業がなく、仕事帰りに飲みに行くこともなかった夫が、頻繁に残業をしたり飲み会に参加したりするようになった、それどころか泊りがけで出張に行くことも多くなった、そんな状況になれば浮気を疑わざるを得ないでしょう。しかし、証拠を自分自身で突き止めるのは困難だし、興信所や探偵に調査を依頼しようにも当然お金がかかってしまいます。調査費用は決して安いものではなく、数万〜数十万円かかることも珍しくありません。それだけ多額の費用をかけて調査して、浮気の証拠をつかむことができる、もしくは浮気の疑いが完全に晴れればいいのですが、有用な情報をつかめないままに調査を切り上げざるを得なくなることも考えられます。これは大きな損失ですよね。そこでまずお勧めしたいのが、簡易調査を利用することです。簡易調査とは一定期間調査対象の行動を追跡するだけの簡単な調査です。たとえば仕事が終わってから帰宅するまでの数時間、どこにいたのかを調査してもらうことができます。これだけでも夫に怪しい行動があったのかを知ることができます。こういった簡易調査であれば6〜8万円程度で依頼することができます。

 

証拠や相手の素性など本格調査は浮気が確定してから追加調査しよう

全く何も情報がない状況での浮気調査は、まず情報収集でかなりの時間を消費してしまうために調査費用がかさんでしまいます。そのため、事前に簡易調査によって怪しい行動パターンや浮気相手と思しき相手の当たりを付けてから、浮気相手の素性調査や浮気現場の写真等の証拠集めを目的とした本格調査に進むことをおすすめします。簡易調査であっても思った以上の情報を入手できる場合があります。

 

行動パターンや怪しい日など情報が多いと安く済むことが多い

本格調査に進むにあたって、調査対象の現在の姿が分かる顔写真はもちろんのこと、浮気相手と思しき人物の容姿、住所、職場、浮気相手と会っていると思われる曜日や時間、浮気相手と訪れていると思われる場所など、事前に調査員に渡すことのできる情報が多ければ多いほど調査を効率的に進めることができ、調査費用も安く済ませることができます。一見不要と思われるような情報であっても、知っていることはすべて調査員に伝えるようにしましょう。ほんの些細な情報がきっかけで、決定的な証拠入手のチャンスをつかむことが出来るかもしれません。

 

調査費用が分りやすく安い探偵がおすすめ

調査費用は探偵社によって異なります。金額そのものはもちろんのこと、料金体系も大きく変わってきます。一般的にはまず基本料金を支払い、調査期間の長さによって料金が加算されていくタイプが多くなっていますが、有用な情報が得られた場合のみ成功報酬として費用を請求するという場合もあります。しかし料金体系が明確になっておらずわかりにくい場合、最終的に当初予想していた金額を大きく上回る報酬を請求されてしまうことがあるかもしれません。たとえば、ホームページに料金表が掲載されていないもの、調査内容の記載はあるもののそれらに対する料金が掲載されていない、料金表はあるけれど○○円〜といったように具体的な金額が掲載されていない、宿泊費や交通費など諸経費が費用に含まれていないような場合は事前に費用の予想が立てにくく、費用が高額になりがちです。探偵社を選ぶ際は、「調査期間7日間で○○円、追加料金なし」といったように費用体系が明確になっているかどうかを確認しましょう。また、他の探偵社の費用相場を調べておき、それと比較して高すぎないところを選ぶようにしましょう。

 

離婚でもやりなおし希望でも探偵は役立つ

探偵の調査によってつかんだ証拠は、離婚をより優位に進めるために利用するというケースがほとんどですが、配偶者に浮気をやめてもらいやり直しを望む際にもこの証拠は役立ちます。ただ「浮気をやめてほしい」といったところで「浮気などしていない」としらばっくれる可能性もありますし、かえって用心深く浮気を続けるようになるかもしれません。浮気をやめることを要求する場合にも、証拠があったほうが要求は通りやすくなるでしょう。