嫁が浮気しているかもしれないならまずは調査で調べてもらおう

奥さんの様子が最近おかしい。普段化粧をしないのに家の中にやたらと化粧品が増えた、今までに着なかったような洋服も増えた、外出の頻度が高くなり出費も増えた。浮気を疑わずにはいられないような兆候が次々に現れてきたらどうするでしょうか?すぐに奥さんを問い詰めてしまうでしょうか?しかしこれは得策とは言えません。もし万が一浮気をしていなかったとしたら、奥さんは信用されていないと感じ夫婦関係に不必要な亀裂が入ってしまう恐れがあります。また、事実浮気をしていたとしてもその場では言い逃れをし、今後はより慎重になって浮気を続けてしまう可能性もあります。こういった事態になることを避けるためにも、浮気を疑っているときにはまず興信所や探偵に調査を依頼することをおすすめします。

 

浮気が確定してから証拠集めなどの本格調査を再度依頼すると良い

とはいえ、調査費用は決して安いものではありません。浮気を疑うより確かな根拠があったり浮気相手の目星がついている状況であればまだしも、まだ漠然と疑いを持っている程度の状況であれば、浮気の決定的な証拠をつかむまでには長い期間がかかり、当然それだけ調査費用もかさんでしまいます。最悪なんの証拠もつかめない結果に終わる可能性だってあるのです。そこで本格的な浮気調査に入る前に、まず簡易調査を依頼することをおすすめします。簡易調査とは、例えば依頼者が仕事をしている日中、調査対象がどこにいるのかを調べるだけの簡単な調査で、浮気の証拠となるような写真の撮影や情報収集は行わないものの、浮気の疑いがどの程度濃厚なのかを掴むきっかけとなるようなものです。こういった簡易調査であれば比較的低料金で依頼することができるため、まずは簡易調査である程度浮気の確度を確かめたのちに本格的な調査を依頼するのがより効果的でしょう。

 

離婚する・浮気を止めさせるにしても浮気の証拠はあった方が良い

配偶者が浮気をしていたとしても、そこから離婚へ進むのか、それとも浮気をやめさせて婚姻関係を続けるのかは夫婦によって異なります。しかし、たとえ夫婦として再構築を望むにしても浮気の証拠はつかんでおいた方がいいでしょう。せっかく再構築を望んでも、浮気がばれていることに相手が気づいていなければまた隠れて浮気を続けられてしまうかもしれません。浮気の証拠をしっかりと相手に突き付け、浮気の事実を知った上で夫婦関係の再構築を望んでいることを告げた方が、再度の浮気を防ぐ効果は高くなります。
離婚に進む場合は当然、浮気の確かな証拠があった方が慰謝料や諸々の面で、事を有利に進めることができます。配偶者の浮気が発覚した場合は、離婚するにしろ、夫婦関係を続けるにしろ、必ず証拠はつかんでおきましょう。

 

大手か・小規模でも浮気調査を専門としている探偵(興信所)がおすすめ

探偵や興信所は日本中に数多く存在し、その規模も調査員を数十名抱え、多くの広告を出しているような大手の事務所から、一人の調査員で切り盛りしている小規模の事務所まで様々です。多くの事務所がある中で浮気調査を依頼する場合は、大手の事務所か、または浮気調査を専門としている事務所を選ぶことをおすすめします。調査内容にも企業の信用調査や浮気調査など様々な種類があり、調査員によって得意とする分野は異なります。たくさんの調査員がいる大手の事務所であれば、その中から浮気調査が得意な調査員をアサインしてもらえますが、小規模の場合はそうもいかないので、初めから浮気調査を専門としている事務所を選ぶ方がより確実です。

 

高ければ安心・・腕良いというわけではないので注意しよう。

調査費用も事務所によって大きな差があります。同じ調査期間で100万円近い調査費用を請求する事務所もあれば、10数万程度で調査を請け負ってくれる事務所もあるでしょう。しかし、費用が高ければ調査の腕がいいというわけではありません。企業調査を得意とする事務所であれば反対に浮気調査は苦手な場合がありますし、中には悪徳業者も存在します。必ず事前にどのような分野の調査を得意としているのか、安心して任せることができるのかをリサーチしておきましょう。